仁和寺(京都)

「わたしゃ、お多福 御室の桜、鼻が低ても 人が好く」

仁和寺中門内の、背が低く 遅咲きで有名な 御室桜を見に行きました。

画像画像


でも、まだ咲いている木も・・・優しい春の色!

画像


散り始めている桜越しの五重塔

画像


今日は、お釈迦様の誕生日、花祭りです。甘茶をかけてお参りしましょう。

画像


御衣黄も咲き始めていました。

画像


大きなミツバツツジが満開・・・

画像


ミツバツツジの向こうにも・・・

画像


お庭を散策していると「水掛不動尊」に。

画像


仁和寺の裏山からの湧き水を不動明王に掛けながらお祈りすると願いが叶うとか・・・お祈りしてきましたよ。

不動明王の足下の岩は「菅公腰掛石」と呼ばれています。太宰府に左遷される出発前、菅原道真公が挨拶に仁和寺を訪れこの石に腰を掛け宇多法皇のお勤めが終わるのを待っていたとの事です。

画像


桜見物には遅すぎましたが・・・桃色や白のシャクナゲも満開!

画像

この記事へのコメント

  • 茜雲

    お多福桜と言うのですか、ほとんど散っていて、写真のように咲いているがあってよかったですね。
    御衣黄桜、私が撮ったのとは違って、淡い色合いが魅力的ですね。ミツバツツジの薄赤紫、これも見事です。
    2018年04月16日 08:26
  • ゆけむり

    京都は秋が素晴らしいのかと思っていましたが、春もとても美しいですね
    やはり四季それぞれの美しさがあるんでしょうね!
    2018年04月19日 07:18
  • mugen

    茜雲 さん
    「御室の桜」みたい・・・と言って男の子が女の子をからかっていましたが、今なら、セクハラと言われるかな?
    八重桜は散っていましたが、ミツバツツジが見事に咲いていたので良かったです。
    2018年04月20日 11:04
  • mugen

    ゆけむりさん
    秋、春はもちろんですが、初夏の京都の緑の美しさも捨てがたいですよ。
    冬の季節も私の好きな京都です。雪見酒を楽しみながらの美味しい冬の食事良いですよ。
    大原などには、おこたに入りながら雪降る庭を見るお寺もあり、風情がありますよ。
    2018年04月20日 11:10

この記事へのトラックバック