東山魁夷展

八角形の塔のある西洋風の建物は「東山魁夷記念館」

彼が人間形成、東山芸術の方向性の両面に影響を受けた留学の地、 ドイツに思いを馳せて建てられたとか・・・すぐ隣には生前住んでおられた純日本家屋があります。

画像


画像


今、市川開館10周年記念特別展「東山魁夷と昭和日本画の礎 結城素明・中村岳陵・山口蓬春」展が催されています。

画像


東山魁夷にとっては、生涯の師となる結城素明、そして東京美術学校の先輩にあたる中村岳陵と山口蓬春。
かれらの革新の精神を継いで次世代を担うものとなった東山魁夷の画業について、三人の画業とともに、原点である東京美術学校時代から紐解き、解説されています。

画像


撮影はもちろん禁止。

左):結城素明〈炭窯〉 右):中村岳陵〈爽秋〉 右下):山口蓬春〈花菖蒲〉

画像


受付の前には白い馬シリーズの一枚、この絵が飾られていました。

画像


建物の続きにはカフェがあります。

画像


上野精養軒の直営店です。 遅いお昼を頂きました。
美味しかったです。 ピクルスに「きくらげ」が入っているのも珍しいです。私も入れてみよう!

画像


食後の紅茶・・・カップに東山魁夷氏の代表作の「道」が描かれていました・・・さすが!!!

画像


前方へとまっすぐに伸びる道それだけを描く作品で、単純化を極めた画面構成に新機軸が示されていると絶賛された「道」です。

画像



静かな中にも凛とした力を感じる「東山魁夷」の画が、私は大好きです。

(画はHPからお借りしました)



画像


門の脇に刻まれた「歩み入る者にやすらぎを 去り行く人にしあわせを  魁夷」・・・に送られて美術館を後にしました。

この記事へのコメント

  • さかなchan

    mugen様 
    ここに登場する画家の先生方は、私が50年仕事を続けてきた中で、最も手本にしてきた方々です・・・仕事をリタイヤして3年目・とっても懐かしい気持ちになりました!
    2015年12月10日 21:19
  • 茜雲

    東山魁夷の青の世界、ストレートに心に入ってきます。好きな画家の一人です。
    2015年12月11日 08:22
  • mugen

    さかなchan さん
    さかなchanさんの素晴らしい絵が生まれたのも、東山魁夷初め、この画の大家の方々も、お手本にされていたのですね。
    さかなchanさんとご一緒に観たら、もっと深い解説も聞かせてもらえたかもしれませんね。
    2015年12月13日 11:39
  • mugen

    茜雲 さん
    東山魁夷の青の世界・・・美しくて言葉を失いますね。

    先日オランダで見たフェルメール・ブルーも素晴らしいでしたが、「青」って観る物を惹きつける不思議なチカラがありますね。
    2015年12月13日 11:52
  • 旅好き

    こんばんは!   こちらは午後11時過ぎです。

    東山 魁夷と言えば私は北山の初雪です。
    筆ではなく刷毛で画かれたとは絶対に想えないタッチですね。

    お休みなさい!
    2015年12月15日 18:13
  • こんにちわ~!
    東山魁夷記念館についに行ってきたんですね。
    魁夷がこだわっただけあって、建物がしゃれていますね~!
    これはぜひわたしも行かなきゃ!と思いました。
    わたしも「道」の絵が大好きです。
    2015年12月16日 14:18
  • 辛口兄さん

    こんばんは~。
    無知な者で初めて東山 魁夷さんのことを知りました。
    素晴らしい絵を書かれたのですね。
    雄大な自然の絵に圧倒されます。
    2015年12月20日 21:55
  • mugen

    旅好き さん
    青の世界、白の世界、紅葉の世界、東山魁夷の画はどれも精神の高みが感じられますね。
    2015年12月23日 20:58
  • mugen

    彩 さん
    多くの画が展示してあるわけでは無いのですが、とても素敵な雰囲気の美術館です。

    お庭を眺めながらのTea Time もお勧めですよ。ぜひ!
    2015年12月23日 21:08
  • mugen

    辛口兄さん
    東山魁夷の画は、見れば見るほど引きこまれていきます。
    いつか、何処かで、ご覧になってみてくださいね。
    2015年12月23日 21:11

この記事へのトラックバック